​広告運用サービスのご紹介

<ショッピング広告>

ショッピング広告とは?

Googleショッピング広告とは、Google検索結果に表示される画像つきの検索連動型の広告です。

 

登録した商品情報とユーザー属性を元に動的にマッチングを行い、ユーザーにマッチした商品情報をGoogleの検索結果画面に表示できます。

ショッピング広告.png

以下の悩みがある方にオススメです

ショッピング広告の実施がおすすめなお悩みのケースについて、3つにまとめました。

お悩み①:通販サイトで、既にリスティング広告を実施していて、さらに購買を強化したい方

すでにリスティング広告を実施していて、さらに広告予算を増やして、購買を強化したい場合に、ショッピング広告がおすすめです。

 

なぜなら「みずから検索する」という顕在ユーザーを取り込めるという観点で、リスティング広告に近い、購買意向が高い消費者にアプローチが可能なためです。

 

また、Googleは検索キーワードごとに、

・リスティング広告だけ表示可能なキーワード

・ショッピング広告のみ広告表示が可能なキーワード

を分類しており、ショッピング広告を配信することで、これまでアプローチできていなかった検索キーワードにリーチでき、さらなる売上UPも見込めます。

お悩み②:「価格の安さ」がウリのECサイトを運営していて、価格を訴求して集客したい方(もしくはセール期間中など

Googleショッピング広告のファーストビューで掲載できる情報は、以下の4つになります。

・商品名

・商品画像(1枚)

・通販サイト名

・商品価格

 

サイト限定商品(特定のサイトでしか購入できない商品)などの場合は、商品自体が差別化要因となりますが、

一般的な商品において差別化できる要素は、「価格」が最も影響力が大きいです。

 

・同じような商品で、他社よりも安い価格設定をしている

・セール期間中などで、普段よりも安い価格で販売している

上記のようなケースでは、ショッピング広告で注目が集まりやすく、効率よく購入を集められる可能性が高まるため、ショッピング広告の実施がおすすめです。

お悩み③:通販で販売している商品が100商品以上あるECサイトで、代理店に広告運用を任せているが、管理がうまくいっていないと感じる方

中規模以上の通販サイトでは、商品が数百種類以上になるかと思いますが、手動ですべての商品のプロモーションを管理することは現実的ではありません。

Googleショッピング広告では、フィード(データベースのようなもの)に商品情報を登録することで、Google側で、登録情報を元に、最適なユーザーに最適な商品の広告を配信することができます。

従来の手動と比較して、システム上で広告の配信を管理できるため、安定して成果(売上)を得られやすくなります。
 

お悩み④:自社サイトで通販を運営しており、集客ができていない(amazonや楽天のように、モール型ではないので、サイトの訪問者が確保できていない)と感じる方

モール型ではない通販サイト(ワードプレスやカラーミーショップ、BASEなどで作成したサイト)の場合、自然検索(Google検索)で上位に表示されたり、SNSのフォロワーを多く保有しているなど、よほどのメディア力がない限り、サイトへの集客が課題となるかと思います。

 

自然検索での集客は、

・成果が出るまで時間がかかる

・成果をコントロールしずらい

・訪問者を集められても、サイトを閲覧しただけで離脱してしまう

といった点で、不確実性が高く、ビジネス上計画を立てづらいというデメリットがあります。

 

一方でGoogleショッピング広告の場合、

・迅速に集客を開始できる(ご依頼から約1週間)

・目的の購入数、売上金額に応じて予算を柔軟にコントロールできる

・購入に繋がりやすいキーワードのみで広告が表示できる

(※購入に繋がらないキーワードでは広告が表示されない)

といったように、スケジュールや予算面で計画を立てやすく、得られる効果を予測しながら、施策を行うことができます。

ECサイトの集客でGoogleショッピング広告をオススメする3つの理由

ショッピング広告の特長について3つにまとめました。

特長①:GoogleやYahooで検索した際に、検索結果上位に広告を表示できる

 

リスティング広告と同じく、GoogleとYahooを合わせると、国内で100%に近いユーザーにリーチできる、検索結果画面に広告を表示できます。

特長②:画像・商品名・価格の情報を掲載できるため、リスティング広告よりも訴求力が強い

 

テキスト情報のみのリスティング広告と比べて、画像・商品名・価格の情報を掲載できるため、より強い訴求を行えます。
特に、他社よりも安い価格で販売している場合は、差別化ができ、効率のよい獲得が期待できます。

特長③:リスティング広告だけではアプローチできないユーザー層にリーチできる

 

Googleは、検索キーワードごとに広告枠に3つの分類がなされています。
そのため、リスティング広告に、ショッピング広告を加えることで、これまで取りこぼしていた見込みの高いユーザーにリーチできる可能性が広がります

名称未設定-1.jpg

弊社のWeb広告運用サービスの特長

弊社では、1人の担当者が、クライアント様のすべての業務を行います。

Web広告代理店では、分業制(営業担当者と運用担当者を分けるなど)の会社も多く存在しますが、タイムロスやコミュニケーションミスが発生する問題がございます。

クライアント様のご要望をスピーディに反映したり、ご要望にあったご提案を行うために、1人の担当者が1クライアント様のデジタルマーケティング業務を包括的に担当させて頂いております。(一部バナー制作などは、制作担当が行います)

弊社のWeb広告運用サービスの特長

弊社のWeb広告運用サービスの特長を3つにまとめました。

特長①:綿密な戦略設計・運用調整や、お客様との「対話」を重視

随所での積極的なオートメーション化の導入により、入稿設定や、数値レポーティングなどの機械的な業務においては、極限まで効率化を重視しています。

また、少人数性により迅速な意思決定を可能にしています。効率性を重視することで、お客様の目的達成に向けて最も重要である綿密な戦略設計や、緻密な運用調整、お客様とのコミュニケーションといった業務に、時間をかけて対応することを可能にしています。
 

特長②:ウェブ解析、データ活用にも精通したスタッフ陣

弊社の運用コンサルタントは、全員がGAIQ(Google Analyticsの認定資格)を所有しており、アクセス解析においても豊富な経験を持っています。Google Analyticsを活用して、目的に応じてデータの抽出や各種ツールとの連携を行い、広告配信への実装が可能です。

特長③:豊富な業種・業界での取引実績

弊社は、渋谷で創業48年となり、お客様からのご紹介を中心に、クライアント様を増やして参りました。

様々な案件規模・業種・業界や、目的に合わせて、最適なメニューをご提案いたします。

具体的なディスプレイ広告での運用内容

弊社がディスプレイ広告の運用を行う際に、特に注視している項目の一部をご紹介します。

ディスプレイ広告(運用型広告全般)には、常に状況が変化するという特性があるため、

以下のような項目で定期的にリサーチし、様々な改善・調整を行っています。

運用内容①:ターゲット設定

ディスプレイ 広告は、広告グループのターゲティングによって、特定のユーザー層または特定のコンテキストやコンテンツに向けて広告を表示する、もしくはその両方をかけ合わせて広告を表示することが可能です。

ユーザー層のターゲティングでは、自社のサイトを訪問したことがあるユーザや、年齢、性別、興味関心など、ある特定のユーザー層を狙って広告を表示します。

一方、特定のコンテキストやコンテンツに絞ったターゲティングでは、キーワードやトピックを指定すると、特定のコンテキストやコンテンツを含むページに広告を表示することができます。

また、ウェブサイトを具体的に指定して広告を表示することができます。

運用内容②:広告バナー・レスポンシブ用広告文

広告バナーや、レスポンシブ用の広告は、ユーザーとウェブサイトの接点となる重要な項目となります。

そのため、クライアント様のウェブサイトからの情報に限らず、クライアント様に詳しくヒアリングを行い、競合他社と差別化できる訴求ポイントやサービスの特長をリスティング広告に最も適した形で、広告や広告文に落とし込む作業を行います。

 

また、どんなに良い広告文でも、永続的に良い成績を残せるわけではなく、季節やタイミングによって、効果の高い広告文の傾向は変化します。

そのため、定期的に広告文の定量テスト(A/Bテスト)を実施し、広告文のメンテナンスを重視しています。
 

運用内容③:入札戦略(入札単価)

現在、特にGoogleのディスプレイ広告では、11種類の入札戦略が設定可能となっています。

■Googleの検索広告で使用可能な11の入札戦略
目標インプレッションシェア/クリック数の最大化/クリック単価制での個別単価設定/コンバージョン数の最大化/目標コンバージョン単価/拡張クリック単価/目標広告費用対効果/視認範囲のインプレッション単価/エンゲージメント単価

 

従来は、「クリック単価制での個別単価設定」を使用することがデフォルトでしたが、近年ではGoogleの学習機能の充実により、その他の入札戦略のほうが良い成績が出るケースも増えてきています。

弊社では、特定の入札戦略にこだわらず、目的や状況に応じて最も適切な入札戦略を使用して運用を行っています。
 

サービス体系

日辰広告は、小さなWeb広告代理店ですが、クライアント様の目的達成に必要な「デジタルマーケティング業務」すべてを包括してご提供いたします。

 

大手Web広告会社のように、大規模なDMPデータ活用などは行っていませんが、クライアント様が所有されているデータをはじめ、GoogleやYahooが所有しているデータを元に、最大限にデータを活用した運用を行います。

 

また、随所でのオートメーション化の導入により、少人数でも、綿密な戦略設計やクライアント様とのコミュニケーションといった重要な部分に最も時間を掛けています。

※スマートフォンでご覧の場合は、右側にスクロールしてご確認ください。

料金体系

原則として月額利用広告費用の

20%

​例:月額利用広告費用が30万円の場合、弊社手数料は、6万円となります。

その他、少額案件についても、可能な範囲で広告主様ごとに柔軟に

対応いたしますので、ご相談ください。

よくあるご質問

​Q:御社のサービスの特長を教えて下さい。

​A:弊社の一番の特長は、「オートメーション化による効率化」それによる「クライアント様とのコミュニケーション、信頼関係を重視すること」です。

例えば、オートメーション化においては、
 

社内、クライアント様とのコミュニケーション:Slackの導入
Web広告運用数値の日々のチェック:自社システムで管理
スケジュール調整:Googleカレンダーの導入
ファイル、フォルダ管理:Gsuite(Googleドライブ)
タスク管理:Googleタスク、Todoist

 

など様々なツールを活用することで、発生する作業を極力、効率化しています。

効率化を図ることで、人間が行うべき戦略設計や、クライアント様とのコミュニケーションなどに多くの時間を割けるようにしています。
 

​Q:担当者によって、成果のばらつきがありますか?

​A:もちろん、担当者によって多少のばらつきはございますが、弊社では特にGoogleの資格取得に力を入れており、すべての担当スタッフが以下の認定資格を所有しています。一定の水準を満たしたスタッフがご担当いたします。

・GAIQ(Googleアナリティクス認定資格)
・Google 広告の検索広告認定資格
・Google 広告のディスプレイ広告認定資格
・Google 広告の動画広告認定資格
・ショッピング広告認定資格

また、YahooやFacebookの認定資格の取得も進めています。
 

まずは、以下のフォームからお問い合わせください

nissin-ad.png
  • ブロガー - ホワイト丸

© 日辰広告株式会社

ALL RIGHTS RESERVED.