​広告運用サービスのご紹介

<ディスプレイ広告>

ディスプレイ広告とは?

ディスプレイ広告とは、ユーザーが閲覧したサイトや、アプリ、Youtubeなどの広告枠に表示されるWeb広告のことです。

 

自分の商品に興味関心のあるユーザーや、既に自分の商品を購入したことがあるユーザーに、狙って広告を表示させることができます。

 

そのため、認知の拡大や、潜在的なニーズを引き出すことができます。

 

また、Googleのディスプレイ広告を利用すると、300万以上のアプリやウェブサイトを通じて世界のインターネットユーザーの 90%以上に広告を表示することができます。

以下の悩みがある方にオススメです

リスティング広告の実施がおすすめなお悩みのケースについて、3つにまとめました。

お悩み①:新しい商品をウェブで販売したが、アクセスが少なく、売上が伸びない

まだ認知度が低い商品・サービスの場合、集客が一番の課題となります。

そこで集客に効果的な施策として、ディスプレイ広告があります。

 

ディスプレイ広告は、ターゲットとなる年齢や性別、自分の商品に関連する「カテゴリ」に興味関心を持つユーザーに効率的に広告を表示できます。

 

そのため、まだ自分の商品を知らないユーザーにも、幅広く広告を表示させることができます。

 

また、過去に自分のサイトに訪問したことのあるユーザーに再度広告を表示させることも可能です(リマーケティング広告)。

お悩み②:ウェブサイトは一定数閲覧数が集まっているが、購入や資料請求など目的のアクションが得られない

ウェブサイトに一定数の訪問者が集まっているものの、本来の目的(商品購入や申込など)を達成できていない場合、以下のようなケースが考えられます。

①ターゲットとなるユーザーを呼び込めていない

②検索結果の上位に表示されているものの、緊急性や、重要度が低いユーザーが検索するようなキーワードで上位表示している

などの原因が考えられます。

ディスプレイ広告では、商品やサービスを積極的に検討しているユーザーにダイレクトにアプローチすることができます。

さらに、これまでにない商品やサービスの場合、ニーズが顕在化しておらず、検索ボリューム自体も少ないといった場合にも、ディスプレイ広告であればアプローチが可能です。

※ウェブ上のプロモーションが

初めてのお客様には「リスティング広告」

​をおすすめしています。

弊社では、アクション獲得を目的としたウェブ広告を実施する場合、まず第一に「リスティング広告」の実施をおすすめしています。

 

一方で、認知度を高めることを目的とする場合や、まだニーズが顕在化していない商品やサービスの場合、また、対象となるキーワードの検索ボリュームが低い場合は、ディスプレイ広告をおすすめしています。

 

ディスプレイ広告の特長は以下の3つです。

​リスティング広告運用

私たちが、リスティング運用で最も大切にしているのは「緻密さ」です。

​私たちは、日々のキーワード・予算管理を緻密に行うことで、

​お客様の目標達成のお手伝いをしたいと考えています。

​ディスプレイ広告の特長

ディスプレイ広告の特長について3つにまとめました。

特長①:潜在ユーザーにアプローチできる

リスティング広告は、「自ら検索する」という顕在ユーザーを取り込めますが、まだ認知度が低く、検索ボリュームが少ない場合、広告を表示させること自体が難しくなります。

ディスプレイ広告は、ウェブを閲覧しているユーザーに関連性の高い広告を配信し、多くの潜在ニーズを持った顧客に効率的にアプローチでオススメです。

特長②:商品やサービスを積極的に購入を検討しているユーザーに広告を表示できる

ディスプレイ広告は、優れた購入意向シグナル(Googleの持つデータ)を活用し、最近の購入意向に基づいて、関連性の高いコンテンツに広告を掲載し、ユーザーにリーチします。

そのため、マーケティング効果が高まり、アクション(購入・お問い合わせ)獲得が期待できます。
 

特長③:過去に自分のウェブサイトを訪れた人や、興味を示したことのあるユーザーに再びアプローチできる

自社のウェブサイトなどにアクセスして、商品やサービスに興味を示したことのあるユーザーに広告を表示する手法を、「リマーケティング」といいます。

過去に自分のウェブサイトを訪れたことがあるユーザーは、少しずつニーズが高まり、あと少し行動を促せば、購入やお問い合わせにつながるケースがあります。

リマーケティングは、見込み客への再アプローチとなるため、コンバージョン率が高く、CPAも下げやすいため、おすすめです。

弊社のWeb広告運用サービスの特長

弊社では、1人の担当者が、クライアント様のすべての業務を行います。

Web広告代理店では、分業制(営業担当者と運用担当者を分けるなど)の会社も多く存在しますが、タイムロスやコミュニケーションミスが発生する問題がございます。

クライアント様のご要望をスピーディに反映したり、ご要望にあったご提案を行うために、1人の担当者が1クライアント様のデジタルマーケティング業務を包括的に担当させて頂いております。(一部バナー制作などは、制作担当が行います)

弊社のWeb広告運用サービスの特長

弊社のWeb広告運用サービスの特長を3つにまとめました。

特長①:綿密な戦略設計・運用調整や、お客様との「対話」を重視

随所での積極的なオートメーション化の導入により、入稿設定や、数値レポーティングなどの機械的な業務においては、極限まで効率化を重視しています。

また、少人数性により迅速な意思決定を可能にしています。効率性を重視することで、お客様の目的達成に向けて最も重要である綿密な戦略設計や、緻密な運用調整、お客様とのコミュニケーションといった業務に、時間をかけて対応することを可能にしています。
 

特長②:ウェブ解析、データ活用にも精通したスタッフ陣

弊社の運用コンサルタントは、全員がGAIQ(Google Analyticsの認定資格)を所有しており、アクセス解析においても豊富な経験を持っています。Google Analyticsを活用して、目的に応じてデータの抽出や各種ツールとの連携を行い、広告配信への実装が可能です。

特長③:豊富な業種・業界での取引実績

弊社は、渋谷で創業48年となり、お客様からのご紹介を中心に、クライアント様を増やして参りました。

様々な案件規模・業種・業界や、目的に合わせて、最適なメニューをご提案いたします。

具体的なディスプレイ広告での運用内容

弊社がディスプレイ広告の運用を行う際に、特に注視している項目の一部をご紹介します。

ディスプレイ広告(運用型広告全般)には、常に状況が変化するという特性があるため、

以下のような項目で定期的にリサーチし、様々な改善・調整を行っています。

運用内容①:ターゲット設定

ディスプレイ 広告は、広告グループのターゲティングによって、特定のユーザー層または特定のコンテキストやコンテンツに向けて広告を表示する、もしくはその両方をかけ合わせて広告を表示することが可能です。

ユーザー層のターゲティングでは、自社のサイトを訪問したことがあるユーザや、年齢、性別、興味関心など、ある特定のユーザー層を狙って広告を表示します。

一方、特定のコンテキストやコンテンツに絞ったターゲティングでは、キーワードやトピックを指定すると、特定のコンテキストやコンテンツを含むページに広告を表示することができます。

また、ウェブサイトを具体的に指定して広告を表示することができます。

運用内容②:広告バナー・レスポンシブ用広告文

広告バナーや、レスポンシブ用の広告は、ユーザーとウェブサイトの接点となる重要な項目となります。

そのため、クライアント様のウェブサイトからの情報に限らず、クライアント様に詳しくヒアリングを行い、競合他社と差別化できる訴求ポイントやサービスの特長をリスティング広告に最も適した形で、広告や広告文に落とし込む作業を行います。

 

また、どんなに良い広告文でも、永続的に良い成績を残せるわけではなく、季節やタイミングによって、効果の高い広告文の傾向は変化します。

そのため、定期的に広告文の定量テスト(A/Bテスト)を実施し、広告文のメンテナンスを重視しています。
 

運用内容③:入札戦略(入札単価)

現在、特にGoogleのディスプレイ広告では、11種類の入札戦略が設定可能となっています。

■Googleの検索広告で使用可能な11の入札戦略
目標インプレッションシェア/クリック数の最大化/クリック単価制での個別単価設定/コンバージョン数の最大化/目標コンバージョン単価/拡張クリック単価/目標広告費用対効果/視認範囲のインプレッション単価/エンゲージメント単価

 

従来は、「クリック単価制での個別単価設定」を使用することがデフォルトでしたが、近年ではGoogleの学習機能の充実により、その他の入札戦略のほうが良い成績が出るケースも増えてきています。

弊社では、特定の入札戦略にこだわらず、目的や状況に応じて最も適切な入札戦略を使用して運用を行っています。
 

サービス体系

日辰広告は、小さなWeb広告代理店ですが、クライアント様の目的達成に必要な「デジタルマーケティング業務」すべてを包括してご提供いたします。

 

大手Web広告会社のように、大規模なDMPデータ活用などは行っていませんが、クライアント様が所有されているデータをはじめ、GoogleやYahooが所有しているデータを元に、最大限にデータを活用した運用を行います。

 

また、随所でのオートメーション化の導入により、少人数でも、綿密な戦略設計やクライアント様とのコミュニケーションといった重要な部分に最も時間を掛けています。

※スマートフォンでご覧の場合は、右側にスクロールしてご確認ください。

料金体系

原則として月額利用広告費用の

20%

​例:月額利用広告費用が30万円の場合、弊社手数料は、6万円となります。

その他、少額案件についても、可能な範囲で広告主様ごとに柔軟に

対応いたしますので、ご相談ください。

よくあるご質問

​Q:御社のサービスの特長を教えて下さい。

​A:弊社の一番の特長は、「オートメーション化による効率化」それによる「クライアント様とのコミュニケーション、信頼関係を重視すること」です。

例えば、オートメーション化においては、
 

社内、クライアント様とのコミュニケーション:Slackの導入
Web広告運用数値の日々のチェック:自社システムで管理
スケジュール調整:Googleカレンダーの導入
ファイル、フォルダ管理:Gsuite(Googleドライブ)
タスク管理:Googleタスク、Todoist

 

など様々なツールを活用することで、発生する作業を極力、効率化しています。

効率化を図ることで、人間が行うべき戦略設計や、クライアント様とのコミュニケーションなどに多くの時間を割けるようにしています。
 

​Q:担当者によって、成果のばらつきがありますか?

​A:もちろん、担当者によって多少のばらつきはございますが、弊社では特にGoogleの資格取得に力を入れており、すべての担当スタッフが以下の認定資格を所有しています。一定の水準を満たしたスタッフがご担当いたします。

・GAIQ(Googleアナリティクス認定資格)
・Google 広告の検索広告認定資格
・Google 広告のディスプレイ広告認定資格
・Google 広告の動画広告認定資格
・ショッピング広告認定資格

また、YahooやFacebookの認定資格の取得も進めています。
 

まずは、以下のフォームからお問い合わせください

nissin-ad.png
  • ブロガー - ホワイト丸

© 日辰広告株式会社

ALL RIGHTS RESERVED.