Twitterでの集客を行ううえでおすすめの方法

Ebina

Ebina

2021年8月3日

カテゴリー
SNS運用・広告

Twitterは日本国内でも多くのユーザーを抱えており、140字を上限としたリアルタイム性の高い投稿が特徴のSNSです。さまざまな企業がアカウントを開設して自社のPRに活用しており、時には広告を出稿してブランディングに努めています。

自社のWebサイトへの流入やキャンペーンの案内など企業の集客に非常に有用なツールではありますが、集客力を高めるためには共感性の高いコンテンツを作る必要があるなどの注意点もあります。そこで今回は、Twitterで集客を行う際のポイントについて解説します。

1.Twitter集客の特徴

まずはTwitterを使った集客の3つの特徴を紹介します。

(1)ユーザー数が多く、年齢層が若い

Twitterのユーザー層は、他のSNSと比べると比較的若い層が多いという特徴があります。最近では若年層はSNSを使ったコミュニケーションに大きく時間を割いており、多くの人が自分のTwitterユーザーアカウントを所有しています。

10~20代ではFacebookなどよりもTwitterの浸透率が高く、学校に近い美容室や飲食店などではTwitterを中心に集客している店舗が多い傾向にあります。

(2)PRする文章は140字以内に収める

Twitterには「140字以内の文字数制限がある」という点も他のコンテンツと異なる点です。他のSNSにも一定の文字数制限はありますが、Twitterは特に短く設定されているのが特徴的です。ひとつずつの投稿が非常に短いため、内容が実況に近い性質を持つようになり、リアルタイム性が高まります。

例えば電車の遅延などが起こっている際に「車両の点検で電車が止まっている」などの情報を誰かの投稿で即座に発見できることがあります。

(3)リツイートで拡散される可能性がある

「リツイート」という他者の投稿を自分のフォロワー(自分をお気に入り登録している人)に広められる機能で拡散できるのも、他のSNSにはない特徴のひとつです。共感性の高いユニークな投稿ができれば、ユーザーが自社の投稿をリツイートで拡散し、多くの人の目に触れられる可能性があります。

LINEやFacebookの拡散は範囲が限定的ですが、Twitterは元々の投稿者とまったくつながりのない人まで投稿を届けることも可能です。

2.Twitterの主なPR活用法

Twitterを利用した集客の代表的な活用法を解説します。

(1)自社のWebサイトへの誘導

最も一般的な活用法として挙げられるのは「自社のWebサイトへの誘導」です。詳細情報は自社のWebサイトに記載しておき、Twitterの投稿には要約のみを記す方法を取ります。

「〇月〇日からキャンペーンを実施します。詳細は弊社HPへ!」など簡潔な投稿と共に自社のWebサイトのリンクを掲載して流入を促します。

(2)市場リサーチ

リアルタイム性が際立つTwitterは、市場のリサーチにも大いに役立ちます。「トレンド」という機能で現在話題になっている単語などが一覧になって紹介されるため、最近流行しているものがひと目で分かりやすいのが特徴です。

他にも検索機能などを上手く使って話題を絞り込むことで、ターゲット層の間で求められているものをリサーチできます。

(3)イベントやキャンペーンの案内

Twitterはイベントやキャンペーンなど「今しか得られない体験」を拡散するのに向いているツールです。10~20代の若年層をはじめとした流行に敏感な人たちが積極的にリツイートすることにより、幅広いユーザーに自社のキャンペーンを訴求できる可能性があります。

(4)カスタマーサポート

最近ではSNS上でカスタマーサポートを行う企業も少なくありません。サポート用のアカウントを開設してリプライやDMを受け取ることで、簡単な疑問を解消したり要望を受け付けたりすることができます。

また、クレームに対してリアルタイムに反応できるため、スムーズな問題の解決に結び付きやすくなります。

3.Twitter集客のメリット

Twitterを使った集客の代表的なメリットとして、次の3つが挙げられます。

(1)ユーザーとコミュニケーションが取れる

TwitterをはじめとしたSNSはユーザーと双方向のコミュニケーションをはかれるのがメリットです。関心のある企業の情報はリアルタイムに知りたいと感じているユーザーが多く、そのようなユーザーに対して素早く自社の最新情報を届けられます。

また、直接リプライやDMで連絡してくれるユーザーとこまめにコミュニケーションをはかることにより、企業の信頼度が高まる効果が期待できるでしょう。

(2)ブランディングに効果的

企業や商品のブランディングにもTwitterは大きな効果を発揮します。Twitterの拡散力の高さを利用して自社の商品が広く知れ渡れば、「〇〇のお店といったらここ」というブランディングにつながります。

(3)認知度の向上に役立つ

前述のようにTwitterではリツイートによる不特定多数のユーザーへの拡散が期待できることから、認知度の大幅な向上につながる可能性があります。思わぬ反響で急激に商品の売上やお店への来店が増加し、一気に有名になった例も少なくありません。

ユーザーからユーザーへの口コミ効果は非常に高いため、良いものを提供していることが伝われば「この企業をみんなにも知ってもらいたい」と考えるユーザーに広めてもらえるでしょう。

4.Twitterで効果的に集客するためのコツ

Twitterで効果的に集客するためには、次のようなコツを意識して投稿内容を決める必要があります。

(1)共感できるコンテンツを発信する

Twitterの高い拡散力を活かすためには、「いいね」や「リツイート」をどれだけ積極的に行ってもらえるかが勝負になります。つまり、「共感性が高く、思わず反応したくなるような投稿をする」ことが重要といえます。

面白みのない投稿よりも、思わず「みんなにも広めたい!」と思うようなユニークな投稿の方が拡散される可能性が高いでしょう。また、ストーリー性がある投稿も比較的拡散されやすいといえます。

ユーザーにとって利益があり、多くの人に知ってもらいたいと感じさせるような内容のコンテンツを発信することが、いいねやリツイートの獲得につながります。

(2)画像/写真や動画を活用する

写真や動画を積極的に活用するのもポイントのひとつです。文字だけの投稿よりも写真や動画を交えた方が見た目のインパクトも強く、情報を効果的に織り交ぜやすくなります。

ユーザーは1日に数百~時には数千もの投稿を目にしているため、文字だけの情報は簡単に埋もれてしまいやすい傾向にあります。印象的な写真や動画を活用して、ユーザーの目に留まりやすい投稿を心がけることが大切です。

(3)ハッシュタグ(#)を取り入れる

Twitterには話題をカテゴリー分けする「ハッシュタグ」というものがあり、先頭に「#」の記号を付けて投稿することで同じ話題をひとつに括ることができます。

例えば「美容サロン」に関連する投稿であれば「#美容サロン」などとすることで、同じ話題を検索している人に見つかりやすくなります。ハッシュタグを積極的に活用して、自社のアカウントの投稿を検索しやすくすることも重要です。

ただし、頻繁に取り入れすぎると気軽にリツイートしにくくなる可能性もあるため、シチュエーションを選んで使うことも意識しましょう。

5.Twitterで集客する時の注意点

最後に、Twitterで集客する際の3つの注意点を紹介します。

(1)炎上するようなツイートをしない

Twitterは拡散力が高いツールだからこそ、マイナスの情報もあっという間に広まる可能性があります。そのため、誹謗中傷や倫理的な配慮に欠けたツイートをすると「炎上」が起こるかもしれません。

また、ユーザーとやり取りする際も相手を貶めたり喧嘩腰になったりするようなことは避けて、理性的に対応することが大切です。炎上すると自社の信頼性を大きく損なうので、炎上するようなツイートは決してしないように心がけましょう。

(2)アカウントの凍結・停止に注意する

Twitterのアカウントでは、1日に何百~何千もの過剰な宣伝や不適切な投稿を繰り返すと「凍結」というアカウント停止措置が取られます。また、大量に同じ名称のアカウントを作ったり、まったく投稿がなかったりする場合も凍結の対象になりやすいといえます。

とはいえ一般的な使い方をする分には問題ないケースがほとんどなので、常識を逸脱した使い方をしないように注意しましょう。

(3)PRするコンテンツを常に改善していく

Twitterの投稿内容は逐一どのような反応があったのかを確認して、コンテンツを改善していくことが大切です。どのようなコンテンツがいいねやリツイートを伸ばしやすいのかなどを検証して、少しでも反応がもらえるような内容に刷新していきましょう。

まとめ

Twitterは他のSNSと比較して拡散性が高いため、自社の商品やサービスを知らない数多くのユーザーに情報を届けやすく、大幅な認知度の向上が期待できます。ユーザーが思わず反応したくなるような共感性の高いコンテンツを制作して、継続的に発信していきましょう。

Twitterを活用する際は、写真や動画、ハッシュタグなども積極的に取り入れることも大切です。不用意な発言をすると炎上しやすいという側面もあるので、運用の際は慎重に情報を発信することを意識しましょう。