ブログ

潜在顧客にもリーチできるYahoo!のYDN広告とは

yasushi ebina

yasushi ebina

2021年3月23日

カテゴリー
ディスプレイ広告

ウェブサイトやアプリの画面で目を引くバナー広告を「ディスプレイ広告」といいます。中でもYahoo! JAPAN関連のサービスや連携しているウェブサイトなどにディスプレイ広告を表示できるものを「YDN広告」と呼びます。日本最大級のメディアとして多くのユーザーを持つYahoo! JAPANへの広告出稿を検討している皆さんに向けて、今回はYDN広告の概要や運用にあたって広告主として注意すべきことなどをご紹介します。

1.YDN広告とは

「YDN広告」とは、Yahoo!ディスプレイアドネットワークの略称で、Yahoo! JAPAN関連のサービスや連携しているウェブサイトなどに出稿するバナー広告の名前として知られています。 2020年現在、Yahoo!が取り扱うインターネット広告はリニューアルの過程にあり、商品体系のシンプル化が図られています。その一環としてYDN広告は「Yahoo! ディスプレイ広告(運用型)」へと移行しています。既存のYDNを利用している広告主は「運用型」への変換の必要があり、これから広告を出稿される方は「ディスプレイ広告(運用型)」を利用することになりますが、本記事では既に浸透している「YDN」の名称で解説していきます。

そもそもディスプレイ広告って?

ディスプレイ広告として有名なものは「バナー広告」です。広告に興味を持っていそうなユーザーに対して閲覧中のウェブサイトページに広告を表示する広告手法です。 コンテンツの中でひと目で見て「広告だ」とわかる存在感が特徴です。

2.YDN広告とYSS広告の違い

似たような名称のYahoo!広告サービスに「YSS広告」があります。これは、「Yahoo! プロモーション広告スポンサードサーチ」の略で、検索ワードに連動して検索結果ページに表示される「リスティング広告」というインターネット広告の手法です。こちらも新サービス名称「検索広告」に移行しています。

YSS広告は、商品やサービスを今まさに検索しているユーザーに対して広告を表示してタイムリーにアプローチできるので、成果につながる可能性が高いとされています。

一方でYDN広告は、コンテンツ記事やSNSの中に出てくる広告なので、広告主のことを知らない潜在顧客にもアプローチできます。 会員登録や商品購入などのコンバージョン、動画の再生、自社のウェブサイトへの誘導など、広告の運用により様々な種類の効果を狙えます。

3.YDN広告の掲載フォーマットと掲載場所について

YDN広告がどのような形式でどのような場所に表示されるかを見ていきましょう。

(1)YDNの掲載フォーマット

YDN広告の掲載フォーマットは、次の種類から選べます。

「テキスト」はタイトル、説明文、表示URLを全てテキストで表示します。 「ディスプレイ」は画像とテキスト、「動画」は動画とテキスト・画像・ボタンなどで構成します。「テンプレート」は多様なデバイスや掲載面のテンプレートに合わせて広告を表示するため、テキストや画像を最適なレイアウトに変換して配信する「レスポンシブ」と呼ばれる形式で対応します。

(2)YDNの広告掲載方式

デバイスやウェブサイト内の位置など、下記のような掲載方式で様々な場所に広告を表示できます。それぞれ掲載可能なフォーマット形式が違うので注意してください。

①ターゲティング

PC、スマートフォン、タブレット用の一般的な広告掲載枠全てが対象です。テキスト、ディスプレイ、テンプレートの掲載フォーマットで広告を表示します。

②インフィード広告

スマートフォン用のYahoo! JAPANのトップページや、タイムライン型のページが対象です。 画像やテキストの要素をテンプレートに合わせてレイアウトし、掲載先のコンテンツに馴染むように広告を表示します。

③動画広告

スマートフォン用のYahoo! JAPANのトップページや、一部の提携サービスのタイムライン型のページを対象に、動画付きの広告を表示します。

④PCブランドパネル(静止画)

静止画フォーマットのPC用のディスプレイ広告です。「ブランドパネル」と呼ばれる枠を対象に広告を表示します。Yahoo! JAPANのトップページの最初に表示される画面に掲載できるので、大きなプロモーション効果を得られる掲載方式です。

⑤PCブランドパネル(動画)

上記と同様の場所に、動画付きの広告を表示します。Yahoo! JAPANのトップページが表示された瞬間に現れるので、インパクトのある訴求をできます。

⑥動的ディスプレイ広告

ウェブサイトや表示するデバイスに合わせて、最適な形で広告を表示します。「動画」ではなく、入稿したテキストを「動的」に再生、配信します。

4.YDN広告のターゲティング種別と特徴

初期設定では、広告を配信するターゲットは全てのユーザーになっていますが、いくつかのパターンでターゲットを絞り込むことができます。

(1)閲覧ユーザーの属性で絞り込む

性別(男性・女性・不明のユーザー)や複数の年代を選択して年齢層を絞り、配信することができます。

(2)閲覧ユーザーの行動履歴で絞り込む

「サイトリターゲティング」では、過去に広告主のサイトを訪問したことのあるユーザーに対して配信することができます。この機能を使って、サイトを訪問したことのないユーザーに絞って配信することも可能です。 また「サーチターゲティング」では、Yahoo! JAPANの検索履歴をもとに、過去に該当するキーワードを検索したことのあるユーザーに広告を配信します。

(3)閲覧ユーザーの興味・関心で絞り込む

「インタレストカテゴリー」では、特定の興味・関心を持つユーザーに対して配信することができます。カテゴリーは一覧から該当するものを指定します。

(4)広告を配信するサイトで絞り込む

「サイトカテゴリーターゲティング」では配信先の広告掲載面のカテゴリーを指定したり、「プレイスメントターゲティング」で広告掲載面そのものを指定したりすることができます。カテゴリーを厳選しすぎると、広告の表示回数が大幅に減少するケースもあるので注意が必要です。

(5)閲覧する環境で絞り込む

「地域」や「デバイス」「曜日・時間帯」といった特定の条件を絞り込んで配信することができます。

5.YDN広告を実施する際に注意すること

YDN広告の実施にあたって知っておくべき注意ポイントをご紹介します。

(1)予算管理は入念に行う

インターネット広告は、一度の配信で望んだ通りの成果を得られることはまずありません。ユーザーの反応を見ながら改善を繰り返し、徐々に成果を得られるようになっていくというプロセスが一般的です。

予算はキャンペーンごとに1日あたりの広告予算を任意で設定します。この予算の範囲内で、広告を表示する回数が自動調整されます。しかしこれはあくまで目安であり、季節やメディア情報などの影響によりクリックが集中した場合や、1日の予算設定に対して入札価格が高い場合などは予算の消化ペースが速まり、1日の予算をオーバーすることは珍しくありません。

また、1ヶ月の請求限度額を設定することもできます。 予算管理は、状況を見ながら途中でストップしたり再開したりなど設定を変更することができます。1日の予算額と入札価格とのバランスや、1ヶ月の請求限度額と照らし合わせ予算の消化ペースに応じて調整するなど、日々の対策が重要です。

(2)審査時間に余裕を持つ

SNSの投稿のように記事を書いてアップロードすればすぐ広告が表示されるわけではありません。どのような形式のインターネット広告でも、掲載には審査があります。

YDN広告の場合は、通常、審査に3営業日かかります。今般のコロナウィルス感染症防止対策の状況により、さらに遅延してる場合もあるので注意が必要です。 期間限定やオープン記念などタイミングが重要な広告を配信したい場合は、時間に余裕を持って出稿してください。

(3)300×250のバナーサイズは用意しておく

YDN広告の画像サイズは、配信するデバイスや掲載する場所によって規定サイズが様々です。スマホでもPCでもきれいに見せるため、大きくしておけばいいというわけではありません。表示に負担がかかる場合もあるので、適切な大きさの画像を複数用意しておきましょう。 300×250のバナーサイズは表示されるシーンの汎用性が高いので、必ず用意しておくのがおすすめです。

(4)実際に広告が掲載された場所をチェックする

実際にどのようなウェブサイトのどういった場所に掲載されているのかは、広告主として必ずチェックしてください。特に「テンプレート」型のレスポンシブは、様々なサイトにたくさん表示される広告です。そのため明らかにターゲットが閲覧しないようなウェブサイトなどに表示されている場合は、ターゲットリストから外すなどの対策をしましょう。

まとめ

日本中の多くの方が情報収集や商品の購入などに利用しているYahoo! JAPANへのYDN広告の出稿は、ブランド認知が一気に広がることが期待できるインターネット広告です。限られた予算の中で、うまく配分してYDN広告を表示し、成果を得ていくためには、時に代理店の専門知識に頼ることも必要です。広告主としては最低限の知識を得ていくことで正しい決裁が可能になるので、ぜひ参考にしてください。

参考サイト

ディスプレイ広告とは
https://promotionalads.yahoo.co.jp/online/ydn_overview1.html

「検索広告」と「YDN」の違いは何ですか?
https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ss/articledetail?lan=ja&aid=49171

掲載フォーマットについて
https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ydn/articledetail?lan=ja&aid=1325&o=default

広告掲載方式について
https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ydn/articledetail?lan=ja&aid=1261

YDNのターゲティングはどんな種類がありますか?
https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ydn/articledetail?lan=ja&aid=47927&o=default

ディスプレイ広告(YDN) サービス概要
https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ydn/articledetail?lan=ja&aid=29151&o=default

ディスプレイ広告(運用型)の予算調整と1カ月の請求限度額について
https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/display/articledetail?lan=ja&aid=51632&o=default